離型剤の販売を行う業者をお探しなら【TASKMATE】のご利用を!優れた耐熱性を持つ熱硬化樹脂に適した商品が豊富〜ウレタンの実用化の歴史〜

離型剤の販売を行う【TASKMATE】〜熱硬化樹脂に適した耐熱性に優れた商品〜

離型剤の販売を行う【TASKMATE】〜熱硬化樹脂に適した耐熱性に優れた商品〜

離型剤販売を行う【TASKMATE】は、「SLIDE」の代理店として、離型剤のラインナップを誇ります。ウレタン・エポキシ・FRP・その他エンプラ等、熱硬化樹脂に適した離型剤は、それぞれの樹脂の特性を考慮して開発された商品です。一部の熱硬化樹脂については、非常に高温で成型するものもあります。

「SLIDE」の離型剤は耐熱性に非常に優れており、ご購入頂いたお客様からは「ショット数が増えて生産性が上がった」「炭化しないので金型の洗浄が楽になった」と喜びの声を頂いています。熱硬化樹脂の離型でお悩みの方は是非お試しください。

優れた特性を持つウレタンの歴史

優れた特性を持つウレタンの歴史

弾性・柔軟性・引張強度・耐摩耗性・衝撃強度に優れたウレタン。その優れた特性から用途は幅広く、スポーツシューズ・衣類・水着・あらゆる工業製品に使用されています。そんなウレタンの歴史をご存知でしょうか?

ウレタンの開発をはじめたのはドイツです。1937年にIGファルベンインドゥストリーの1社であるドイツを代表する「バイエル社」によって実用化されました。ウレタンが本格的に工業製品として使われたのは、ドイツ軍の軍靴の靴底と言われています。

第二次世界大戦でドイツが敗戦した後、IGファルベンインドゥストリーは解体され、ウレタンの実用化の技術に注目していたアメリカのデュポン社がバイエル社から実用化を引き継いで1959年に製品化しました。4年後の1963年にはアメリカとの技術提携により、日本でもウレタンの本格的な生産がはじまり、現在でも幅広いジャンルの製品生産にウレタンは使用されています。

離型剤の販売を行う【TASKMATE】

離型剤の販売を行う【TASKMATE】では、ウレタン・エポキシ・FRP等の熱硬化樹脂に適した離型剤をはじめ、その他特殊な離型剤を豊富に取り揃えています。ウレタン専用に開発された「ウレタン樹脂用離型剤」は、硬質・半硬質・軟質ウレタンフォーム等、全てのウレタンに効果を発揮します。

薄くドライなコーティング膜を金型表面に形成する事で、離型性の向上・残りカスの発生も抑制します。販売・取扱中の商品についてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お役立ちコラム

離型剤を販売している【TASKMATE】

社名 TASKMATE(タスクメイト)
所在 〒607-8465 京都市山科区上花山坂尻19-36
TEL 075-595-4358
URL http://www.taskmate.jp